<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう

レーシックで注意をしなければいけないこととしまして、レーシック専門のクリニックの先生に実施してもらうことです。
安全なレーシック手術ですが、医師が能力不足の場合ですと、感染症や合併症などのリスクが高まってしまうことは言うまでもありません。

 

まず最初は、豊富な経験や実績を持っているクリニックと医師を探すようにしましょう。
経験豊富な医師によってレーシックを受けた場合におきましては、失明のリスクはほぼ無くなることでしょう。レーシック手術のリスクについて最も多く寄せられることというのが、「失明をしてしまうリスク」なのではないでしょうか?
レーシックというのは角膜の手術となっているので眼球内部は触れませんので、失明の危険性はほぼ無いのです。 「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。



<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しようブログ:20-11-19

ぐっども〜に〜んんん(テンション低ぅ

最近、減量をする時に、
炭水化物を天敵とする傾向が強くなっているような気がします。

炭水化物は消費されないと
体脂肪という形で貯蔵をされてしまうということが
知られるようになってから、
その傾向が強くなっていると思うんです。

確かに、過剰に炭水化物を摂取することは
減量の見地からみると逆効果につながりかねません。
でも、あくまでも「過剰に」摂取した場合なんですよね。

わたしの周りにも、
「炭水化物抜き減量」をしている友達がいますが…
わたしは、炭水化物を全く抜く減量というのは
危険だと思います。

その理由は、脳との関係にあります。

脳というのは、エネルギーを貯蔵することができません。
ですから、常に栄養分を供給する必要があります。

脳というのは特殊な組織で、
ブドウ糖でないとエネルギー源として使うことはできないそうです。
ブドウ糖というのは、炭水化物を分解したときにできるものですから、
炭水化物を食事から極端に減らすことは、
脳にとって危機につながりかねないのです。

実際、
食事から炭水化物を極端になくしてしまうと、
頭がボーっとすることがあるといわれています。

頭がうまく回転しないのは、
炭水化物の供給が減ったことで、
脳が栄養不足を起こしている可能性があるんですよね。

どうしても、体脂肪が気になるという人は、
お昼間、活動する時間帯に炭水化物を摂取するようにしましょう。

炭水化物は、すぐエネルギー源として活用されます。
なので、活動的なお昼間に食べても、
すぐに消費される可能性が高いです。

減量も大事ですけど、
肉体や脳の健康の方がもっと大事なんじゃないでしょうか?

応援クリックしてね・・・プチ